胃がん闘病記 2019年5月「救急搬送」

胃がん闘病記

自宅で倒れ、救急車を呼びました。

「どうしました?」

「部屋で気を失いました。頭から出血しています。黒い便が止まりません」

「すぐ救急車が向かいます」

よかった。これで大丈夫だ。

待っている間にバッグに必要なものを用意。

「保険証、財布、鍵、スマホ、充電器、あとは・・・」

遠くで救急車のサイレンが聞こえます。だんだん近づいてきます。救急車のサイレンがこんなに心強いなんて、本当に嬉しかったです。

チャイムが鳴り、痛む頭とお腹を抑えて這いつくばりながら玄関へ、ストレッチャーで救急車に乗りまます。

救急隊員の方に状況を説明し、救急病院に搬送されました。


救急病院ではまず頭部の検査、その後胃カメラです。

胃カメラは人生初めて、でもあれこれ考える暇もなく口にゼリー状のものを含まされました。

少したって吐き出し・・・

「はい胃カメラ入れるよ」

えっと・・・うげー!!!!

喉の奥に指を無理やり突っ込まれてぐりぐり、そんな感じです。

苦しくてもがこうとしてもいつの間にか体はベットに固定され、抵抗できません。ゲーゲー言いながら治療が終わるまで耐えました。

「おそらく胃潰瘍です。胃から出血していました。とりあえず止血しましたけど、このまま1週間は入院。絶対安静です」

はぁ~、胃潰瘍か。

ストレスかな、過労かな、最近仕事忙しかったからな。先生の指示通り、そのまま入院することになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました