①胃がん闘病~自己紹介。がんの前兆~

胃がん闘病記

自己紹介です。

1976年生 ファイナンシャル・プランナー tatsuya です。

仕事は都内の飲食店で店長をしています。

43歳の時に胃がんを患いました。

がん闘病中にファイナンシャル・プランナー(AFP)の資格を取得し、「病気」「健康」「お金」「食」をテーマにブログ配信しています。

胃がんの前兆は全く分かりませんでした。半年前には健康診断でバリウムを飲みましたが異常なし、1か月前には元気に新潟旅行に行ってました。

本当に突然です。


それは突然やってきました。

2019年4月28日(土曜日)
この日は午前中に健康診断を受け、帰宅後遅めの昼食をとり部屋で休んでいました。
しばらくするとおなかがゴロゴロしてきたのでトイレに行きました。

すると・・・真っ黒い便が!!

「なっ、なんだこれは⁉何か食べったっけ?いや黒いものなんか食べてないぞ。」

今日は土曜日、かかりつけの病院は午後休診、どうしようかと悩みましたがとりあえす横になって様子を見ることにしました。
しかしお腹はゴロゴロなりっぱなし、何度も何度もトイレに駆け込み、何度も何度も黒い便が出てきました。

「もういい加減にしてくれ!」

思わず叫びましたがおなかの不調は収まりません。

そして何度目かのトイレの時、目の前が真っ暗になりました。

気を失いました。



気が付くと部屋の中は真っ暗、夜になってました。

「今何時だろう?」

頭が痛いです。倒れた時に床に打ちつけたようです。

メガネは・・・なんか濡れてます。

電気をつけると床には血が、眼鏡も血まみれです。

もうダメだ、、、生まれて初めて救急車を呼びました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました