胃がん闘病記 2019年6月「退院」 

胃がん闘病記

退院前に生活指導を受けました。

①食事
手術により胃の容量、消化機能が低下しています。分割食(1日5~6回)に分けてよく噛んでゆっくり食べてください。
ほとんどのものは食べれますが、麺類(飲み込んでしまうため)山菜、ゴボウ、タケノコ、キノコ類、海藻類(不溶性食物繊維が多く腸閉塞予防のため)は少量ずつよく噛んでください。
体重はできるだけ維持してください。食事が難しかったら栄養補助食品を利用し、1日1600kcalは摂取してください。

②症状
食事中に早期ダンピング症候群が起きやすいです。小腸が急に膨らむことが原因で、動悸、めまい、脱力感などの症状が起きます。食事はゆっくる取ることを心掛け、症状が出たら安静にしてください。

食後2~3時間後に後期ダンピング症候群が起きやすいです。低血糖が原因で、めまい、脱力感、震えなどの症状が起きます。アメなどで糖分を補い安静にしてください。

③運動
体調に合わせて徐々に運動を行ってください。
ただし術後3か月は重いものを持ったり、胸やお腹に力を入れる運動は避けてください。


手術から10日後、2019年6月13日 退院しました。

まず家に帰ったら、掃除、洗濯、買い物、こういう時1人暮らしは大変です。体調が落ち着くまで実家で療養しようかと考えています。

1週間後には切除した胃の検査結果が出ます。そこで最終的なステージが確定します。


コメント

タイトルとURLをコピーしました