飲食店のライバル出現?アサヒスーパードライ「生ジョッキ缶」リポートします

食のトレンドリポート!

2021年4月6日、アサヒビールから「アサヒスーパードライ生ジョッキ缶」が発売されました。

発売早々一時出荷停止になるほど販売好調で、そのコンセプトから飲食店にとってライバルとなるのではと思いリポートします。

アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶とは

キメ細かい泡やビールらしい香り、ゴクゴク飲める全開のフタ、居酒屋の生ジョッキのようなうまさ。生ジョッキ缶は、これまでの缶ビールの常識をことごとく覆した。新しい時代の、新しい家飲みが、いま、始まる。

引用元:アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶HP

今までの缶ビールの弱点であるアルミ缶の口当たり、泡立ち、飲みにくさを克服した、画期的な缶ビールとなっています。

缶のフタを全開して泡が出る、今までありそうでなかった商品ですね。

外で飲むことがままならない今だからこそ、飲食店で飲むような生ビールというコンセプトは消費者の心をグッとつかんだのかもしれません。

飲んでみました

販売当日に購入することができましたので、早速飲んでみましょう。

これがアサヒスーパードライ 生ジョッキ缶です。

当たり前ですけど見た目は缶ビールです。

では開けてみます。

全開~  泡は・・・

おー、泡が出てきました。

結構泡が出ました。

飲んでみた感想は・・・美味い!!

泡のクリーミーさとビールのすっきりした苦み、やっぱり泡があると無いとでは全然違いますね。

それと今までアルミ缶の口当たりが苦手でグラスに移して飲んでいましたが、このジョッキ缶なら気になりません。

本当にゴクゴク飲めて、家飲みには最適です。

飲食店のライバル出現!

もちろん飲食店で提供されるビールに比べれば泡立ち、飲みごごちは飲食店のビールに軍配は上がります。ただ外で飲みたくても飲めない今だからこそ、外で飲みたい気持ちに応えた商品となったのだと思います。

飲食店からすれば強力なライバルです。

缶ビールでこのクオリティです。

お店のビールの品質を見直さないと家飲みに取って代わられてしまいます。

外で飲みたい、ワイワイ飲みたい!という気持ちはみんな持っていると思いますが、今は少し我慢の時です。

再び外で楽しく飲める日が来たら飲食店は生ジョッキ缶に負けないビールと料理を提供し、お互い切磋琢磨しビール業界を盛り上げていけたらいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました