胃がん闘病記 2019年6月「手術後」

胃がん闘病記

手術から目が覚めると、付き添いの両親の姿がありました。
あぁ、無事終わったんだ・・・ほっとしました。

手術後はHCU(ハイケアユニット・高度治療室)で24時間経過観察を行い、問題なければ一般病棟に移ります。ただこの24時間が忍耐力が試される、我慢の24時間になりました。

・酸素マスク、血圧計、パルスオキシメーター、点滴、腹部ドレーン、硬膜外カテーテル、尿管カテーテルと様々な機器や管と繋がっています。絶対安静です。動けません。

・ずっと同じ体勢でいるため、首、肩、腰が痛みました。寝返り打ちたい!起き上がりたい!背伸びしたい!!でもできません。精神的にも肉体的にもこたえました。

・麻酔から覚めてくると傷が痛みました。それに加え腹筋が激しく痙攣し痛みました。あまりにも痙攣するので傷口が開くのではと怖くなりました。

・目に映るのは病室の天井、聞こえるのは医療機器の電子音、気持ちの高ぶりもあり眠れません。時間が経つのがこんなに遅いと感じたことはありませんでした。

24時間後、ようやく起き上がることができました。

その後歩行訓練を行い、自力で歩けることが確認出来たら一般病棟に移ります。

この歩行訓練、思った以上に大変でした。
ベットから起き上がる、歩く、ベットに横になる、たったこれだけの事なのにものすごく時間がかかりました。体が重く、とにかく腹筋が痛い、ただ立っているだけで辛かったです。

それでも何とか歩き、一般病棟に移りました。

手術前の病室に戻ってきました。たった1日空けただけなのに、なんだかすごく久しぶりな感じがします。

さあここからはリハビリです。日一日少しずつですが体が回復していくのが実感できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました