「かつや」の新メニューはサラリーマンの味方!ブレないメニュー戦略をリポートします。

食のトレンドリポート!

6月7日より「かつや」から新メニュー「ニブンノニショクドン」がテイクアウト限定で発売されました。

ニブンノニショクドン?

つまりはイチショクドン??

ドーユーコト???

これは実際に買ってみなきゃ分かりません。

そこから見える「かつや」のメニュー戦略をリポートします。

ターゲット層は変わらず「男性、サラリーマン、がっつり食事」

「ニブンノニショクドン」は新型感染症が蔓延しテイクアウト需要が高まる中、より多くの方に楽しんでいただけるメニューとして誕生しました。

ほぼ1/2サイズが4種類、組み合わせ自由で定番の味も新メニューも味わえます。

ところで1/2メニューといえば巷では「ハーブ&ハーフ」と呼ばれることが多いです。カフェやイタリアンでよく見かけますね。

でも「かつや」は「ニブンノニショクドン」です。

なぜでしょう。

これはメニューのイメージが違うからです。

・ハーフ&ハーフ・・・少しずつ、色々食べたい。量が少ないかも。
・ニブンノニショクドン・・・1/2サイズが2つ、選べて1食分あります。

「かつや」のターゲット層は「男性、サラリーマン、がっつり食事」です。

ハーフ&ハーフでは物足りないイメージを持たれてしまいますので、ブンノニショクドンで食事としての満足感をしっかりアピールしています。

もちろんニブンノニショクドンは1つ(1/2サイズ)から注文できますが、
「1つ(1/2サイズ)なんて注文しないでしょ?ニブンノニショクドン注文するでしょ?」
とばかりにニショクを前面に押し出しています。

ターゲット層は変わらず「男性、サラリーマン、がっつり食事」です。

テイクアウト限定で利用動機を広げる

ニブンノニショクドンはテイクアウト限定販売です。

なぜテイクアウト限定なのでしょう。

ニブンノニショクドンには利用動機を広げる仕掛けがあります。

テイクアウトは普段使いしているサラリーマンの方に家庭でも「かつや」のメニューを味わってもらうことができます。

そしてニブンノニショクドンは組み合わせ自由の1/2サイズです。一人分の食事だけでなく、

  • 家族で
  • いろいろな味をシェアして
  • 食卓のもう一品として

様々な場面で利用することができます。

いつもの味を家族で楽しむ、ただのテイクアウトメニューではなく利用動機を広げています。おうち時間が長くなった今だからこそ「ニブンノニショクドン」が登場しました。

「ニブンノニショクドン」を食べよう!

さあ「ニブンノニショクドン」を食べてみましょう。

いやー迫力ありますね。

カツ丼

まずは定番のカツ丼から。

これは安定のおいしさです。出汁がしっかり効いていますし、カツのボリュームは十分です。

ソースカツ丼

次はソースカツ丼です。

ソースのコクがいいですね。ごはんと絡めれば箸が止まりません。

赤辛カツ丼

次は赤辛カツ丼です。

一口目はそんなに辛く、、、辛!!思った以上に辛いです。でもしっかりコクもあります。

からあげ丼

最後は新登場のからあげ丼です。

今までなかったのが不思議です。大きな唐揚げが2個、ジューシーで食べ応えがあります。

どれもハーフサイズけど味とボリュームは満点です。

ブレないメニュー戦略

「かつや」の新メニューはターゲット層を変えずに利用動機を広げています。

これは他の飲食店も参考になります。

自店のメニューの強みを生かしターゲット層を絞る、出来そうでなかなか出来ないことです。

「新たに女性客を・・・若年層にアピールして・・・ファミリー向けに・・・」

ついつい手を広げたくなります。

新しい販路を広げることは良いことですが、コンセプトがブレては店の特徴が無くなります。

やみくもにターゲット層を広げるのではなく、ターゲット層を深掘りすることも大切だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました