胃がん闘病記 2020年9月「仕事復帰から1か月経過しました」

胃がん闘病記

2020年9月、仕事復帰から1か月経過しました。

私の仕事は飲食業です。仕事復帰後は週3日、1日3時間、主にランチタイムに厨病内で調理作業を行いました。
最初は短い時間から、徐々に勤務時間を増やしていこうと思っていました。

ですが・・・残念ながら仕事は順調とはいきません。

理由は体力と集中力の欠如です。

<体力>
仕事復帰前から体力作りに励み、日常生活は問題なく送れる体力はつきました。
しかし、仕事の体力は違いました。夏場の厨房内という環境もありましたが、3時間働くのがやっとです。すぐに息が上がり、物を持つ手が震えます。
例えるなら体の芯に力が入らない感じです。

<集中力>
仕事復帰して感じたことは、頭が回転しないことです。
飲食業の厨房内は常に先手先手で物事を考え、行動しなければ忙しいピークタイムは乗り切れません。
ところが、考えようと思っても考えがまとまらず、あちこちに意識が散らばり集中できません。
ブランクが長かった影響なのか分かりませんが、考えがまとまらずボーっとしてしまう時間がありました。

当初は2,3か月働いたら通常勤務に戻れるかな思っていましたが、ちょっと無理そうです。

1か月経過した現在、3時間勤務するのがやっとです。

また後から聞いた話ですが、この時の私は顔色は悪く、辛そうに働いていたため、いつ倒れるんじゃないかと周囲はヒヤヒヤしていたそうです。
時々受け答えが曖昧になる事があり、病気になる前の私を知っているスタッフからするとボーっとしている私が衝撃的だったと言ってました。

迷惑かけていたのですね、すみません。

自分のペースではなく周りに合わせながら仕事をする大変さ、考えながら動く難しさ、飲食業は体力勝負といいますが、日常生活の体力と仕事の体力は全然違いました。

それでも少しずつ、少しずつですが仕事の感覚は戻ってきました。

もう少し時間はかかりそうです。

迷惑をかけながらですが、2020年の夏はなんとか乗り切りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました