㉑胃がん闘病記~仕事復帰しました~

胃がん闘病記

2019年5月17日に胃がんの診断を受けてから仕事は休職していました。

あれから1年3か月・・・2020年8月3日、ついに仕事復帰しました。

長かったです。

色々ありました。

でもようやく、ここまで来ました。

ただ担当医の許可は得てるとはいえ、まだまだ活動に制限は付きます。すぐに以前と同じように働けるわけではありません。

特に気を付けなければいけないのは胃腸の管理です。胃を2/3切除した影響は術後だけでなく、一生涯ずっと続いていきます。

仕事をするなら朝食のタイミング、昼食の量、消化と栄養、胃腸の負担と体力維持を考えながら食事をする必要があり、間違えてしまうと下痢や腹痛の症状が出てしまいます。一度症状が出るとしばらく安静にしなければならず、仕事に支障が出ます。

最初は1日3時間を目安に勤務し、体調と相談しながら少しずつ仕事量を増やしていきます。


2020年8月3日、仕事復帰初日。

この日は本社で事務手続きです。

私の仕事は飲食業です。

以前は店長として働いていましたが、当面は店長職は無理です。

会社として店長の待遇は変わりませんが、配属店舗では店長補佐として体調と相談しながら店舗業務に努めます。

配属店舗は胃がんになる前に勤めていた店舗です。

体調優先にという会社の配慮です。

本社で事務手続き後、配属店舗に向かいます。

そこで店長、スタッフに挨拶し、今後の仕事の進め方を話し合います。

今日はここまで、実務は明日からです。


8月4日、さあ仕事です。

当面は厨房内で調理補佐、長い間調理現場から離れていましたので思い出しながらの仕事です。

さあ仕事!

仕事、

仕事・・・

仕事が・・・できません。

手が震えます、体が動きません。

こんな感覚は初めてです。

表現として正しいかわかりませんが、頭が回転しません。

以前は考える前に体がどんどん動いていましたが、今は体が動かず、体を動かそうと考えようとしましたが、考えが一向にまとまりません。

焦りました。でも焦れば焦るほど考えがまとまらず、体が思い通りに動きません。

ショックです。

あれだけ仕事復帰したい!と思っていましたが、今は仕事復帰が早かったのでは?と思ってしまいます。

ほとんど役に立てず、本日の仕事は終了しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました