胃がん闘病記 2020年9月「FP3級試験を受験しました」

胃がん闘病記

2020年9月13日、FP3級試験を受験しました。

FP3級試験についてはこちらご覧ください。

私がFP3級試験を目指したきっかけは、胃がんになったことです。

胃がんと診断されてから入院、手術、抗がん剤治療、長期休職、自宅療養と私の生活は一変しました。

その中で気づいたことは、私はお金のこと、社会の仕組みのことを何も知らなかったということです。

いや、知っているつもりでした。

でも実際に保険制度やお金が必要になると、どうやって活用していいのかわからず、ただ不安な日々を送るだけでした。

これではいけない、自分自身のことは自分で調べよう、そう思い保険制度のこと、お金のこと、社会制度のこと、胃がんのこと、調べられることは調べました。

調べて分かりました。

生活に困ったとき、助けてくれる制度はあります。

でもこちらから声をかけなければ助けてくれません。

黙っていたら、知らなかったら制度は活用できません。

「知る」ことは「生きる力」につながります。

私は「生きる力」を付けるために様々なことを調べ、調べた知識を生かすためにFP試験の勉強を始めました。

当初は2020年5月試験を受験する予定でしたが、新型感染症の影響で中止になり、改めて2020年9月試験を受験することになりました。


試験当日です。

勉強は十分してきました。

過去問にも挑戦しましたが十分合格を狙えます。

さあ出発です!

試験会場は都内の大学、先週下見をしているからスムーズに現地到着しました・・・ん?案内板が出ています。けど、案内板に従っていくと試験会場の裏手に出るような・・・。

とりあえず案内板に従おう、そう思い進むと、やっぱり試験会場の裏手に出ました。ここからでは試験会場に入れません。
周りには同じく案内板に惑わされた受験生がいます。少し話をして一緒に引き返し、案内板を無視して試験会場に向かいました。

でもこのくらいのトラブルは想定内、開場時間前には到着しました。

しかし、今日はこれだけでは終わりません。

開場時間になっても試験会場が開きません。

入り口前は受験生で大混雑。

おいおい、感染症対策も何もないぞ。

しかも9月はまだまだ暑いです。汗をかきながら大混雑の中、会場が開くのをじっと待ち、予定時間より遅れて試験会場に入ることができました。

やれやれ、試験が始まるまでに疲れました。

でもここからは集中です。席に着き、気持ちを落ち着かせて試験に臨みました。


翌月、合格発表日を迎えました。

結果はネット照会で分かります。

自分の受験番号を入力して・・・やった!合格です!!

FP3級試験合格、嬉しいですね。新しい人生のスタートを切った気がします。

私は病気になって様々なものを失いましたが、得たものも多くあります。

次はFP2級試験に挑戦します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました