胃がん闘病記 2021年3月「胃がん定期検診、仕事と食事の注意点を聞きました」

胃がん闘病記

2021年3月11日、今日は胃がん定期検診です。

定期検診は年4回、今回は血液検査と診察を行います。

診察予約時間の1時間前に病院に到着。
まずは採血から、相変わらず採血・注射は苦手です。病気になってから何度も採血・注射をしましたが、絶対に刺す瞬間は見れません。いつも明後日の方向を向いています。

ちなみに今までで一番痛かった採血は手首の動脈採血です。手術前に
「血液中の酸素量を調べます。動脈から採血しますが、太ももの付け根と手首、どちらがいいですか?」
と聞かれ、すごくびっくりしたのを覚えています。太ももの付け根と手首、とんでもない2択です。手首を選びましたが「少し深く刺します。」と言われグッと刺されました。なかなか痛かったです。

採血から1時間後、血液検査の結果が出ました。

診察室に入り、担当医から結果を聞きます。毎回のことですが少し緊張します。

「血液検査の結果は、問題ありません。数値も安定していますし、再発の兆候は見られません。」

良かったです。再発の兆候がないのが一番です。

「何か質問や困っていることはありますか?」

担当医と会うのは年4回だけなので、気になっている事は質問します。

「そろそろ仕事はフルタイムで働こうと思います。仕事中の食事は抑えながらになると思いますが、何か気を付けることはありますか?」

私の仕事は飲食業です。体を動かす仕事なので、仕事中の食事(昼食)をしっかり食べてしまうと胃腸に負担がかかり、腹痛の症状が出てしまいます。なるべく栄養補助食品など胃腸に負担がかからない食事にしようと考えています。

「仕事中の食事を抑えた場合、低血糖に気を付けてください。」

食事を抑えすぎて体を動かすと、低血糖状態になる可能性があるそうです。ふらついたり、意識が遠のいたり、手足がしびれる等の症状が出るそうです。仕事中に低血糖になったら大変です。

「どうしたら予防できますか?」

「食事は分食(少量を複数回)を心掛けてください。また仕事の合間にアメやチョコなど糖分を摂取すれば低血糖は予防できます。」

分かりました。腹痛の症状が出ないように食事を抑えるだけでなく、低血糖にも気を付けます。

「次回の定期検診は5月です。CTを撮りますので同意書の記入をお願いします。」

はい、5月にまた来ます。

定期検診は無事終了しました。何事もなく定期検診を積み重ねることが、今の私には一番大事なことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました