胃がん闘病記 2019年6月「入院生活」

胃がん闘病記

手術後の入院生活です

・手術後1日目
尿管カテーテル抜去。
精神的に楽になりました。

「コーチ2」という呼吸訓練器を使用しリハビリ開始。
いわゆる呼吸法です。ゆっくり、深く、長い呼吸を繰り返すことで手術後の心肺機能回復に役立つそうです。暇さえあればベットの上でやってました。

食事は流動食です。ちょっとだけ口に入れました。

・手術後3日目
硬膜外カテーテル抜去
背中に麻酔の管が入ってる・・・医学の進歩ってすごいですね。安全とわかってましたが寝返り打つたびに抜けないか不安でした。これでゆっくり寝れます。
ただ麻酔がなくなったので、この日から動くたびに腹部ドレーンが痛み大変でした。

リハビリ室でのリハビリ開始
毎日一時間、リハビリ室で先生の指導の下エアロバイクやチューブトレーニングを行いました。それにしても体力落ちてます。エアロバイク10分で息が上がってしまいました。

食事は少しずつお粥に変わってきました。でも半分ぐらいしか食べれません。お腹空かないんですよね。

・手術後5日目
腹部ドレーン抜去
お腹に穴をあけて管を入れて創から出る血液やリンパ液等を外へ出す・・・私は結構ビビりなんで傷口をちゃんと見れなかったです。
ドレーンを抜く際も看護師さんに「どうやって抜くんですか?引っ張って抜くんですか!?痛くないですか?」といろいろ聞いてしまいました。実際痛くありませんでした。

シャワー浴開始
それまではおしぼりで体を拭くだけでしたが、シャワーが浴びれるようになりかなりリフレッシュです。まだ点滴が付いているので防水処置を施してシャワーを浴びます。ただ貧血を起こしやすいので短時間、温度は熱すぎなく、のぼせないように気を付けながらです。

だんだん食事に固形物が増えてきました。相変わらず半分ぐらい食べれませんが。

・手術後7日目
点滴抜去
さあこれですべての管が取れました。
嬉しくてリハビリを兼ねて院内をぐるぐる歩き回っちゃいました。

食事は普通食(といっても柔らかめ)になりました。でも半分ぐらいしか食べれません。どうしてもお腹がゴロゴロしてしまいます。昼夜問わずトイレに行くので病室は個室にしてよかったです。

入院中、唯一撮った写真がこちらです。

これは手術後9日目の夕食です。だいぶ固形物が多いですが、半分位しか食べられませんでした。

さてそろそろ退院です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました