貯蓄と保険の違いは?「貯蓄は三角、保険は四角。」

どうなってるの?お金の疑問

ライフプランを描く中で、貯蓄と保険は将来の備えとして欠くことはできません。

しかし貯蓄と保険を上手に使い分けることは意外と難しいです。

同じ将来の備えですがその特徴には大きな違いがあります。

今回は貯蓄と保険の違いとメリット、デメリットを解説します。

「貯蓄は三角、保険は四角。」

貯蓄と保険の違いを表した言葉があります。

それは「貯蓄は三角、保険は四角。」です。

貯蓄は三角

◢ を思い浮かべてください。

貯蓄は少しずつ、長い時間をかけて積み上げていきます。

時間の経過とともに貯蓄額は増えていき、最後は目標額に到達します。

しかし途中でお金が必要になっても、その時点での貯蓄額分しか引き出せません。

保険は四角

を思い浮かべてください。

保険は契約期間内であれば支払った保険料にかかわらず、契約された保険金額が受けられます。

しかし保険期間が終了すれば保険金額はゼロになります。


図で表すと以下の様になります。

出典元:知るぽると-8.損失に備える-Ⅱお金の知恵

貯蓄は時間の経過とともに貯蓄額が増えていきますが、保険は最初から保険金額が受けられます。

ただし貯蓄は使わなければ資産として残りますが、保険は保険期間が終了すれば保険金はゼロになります。

貯蓄と保険のメリット、デメリット

次に貯蓄と保険のメリット、デメリットをまとめます。

貯蓄保険
メリット・利用目的は自由
・途中で引き出せる
・最後は資産として残る
・保険期間内は一定の保証金が受けられる。
デメリット・積み立てた金額分しか貯まらない。
・積み立てた金額分しか引き出せない
・引き出せば貯蓄額が減る。
・もしもの時、必要金額が大きければ
 不足が生じる。
・目的外の保証は受けられない。
・途中解約した場合は損をすることがある。
・保険期間が終了すれば保険金はゼロになる。

貯蓄と保険のメリット、デメリットは相関関係にあります。

貯蓄は将来の資産形成のために必要で、できれば途中で引き出すことなく積み立てたいです。

保険はもしもの時、保険金額が生活を支えてくれます。

保険と貯蓄はどちらか一方、二者択一ではなく「保険で貯蓄を守る」「保険期間内で貯蓄を行う」の様にお互いのメリットを生かした使い分けが大切です。

貯蓄と保険は大切です

「貯蓄は財産として残るが保険は残らない。保険は不要だ!」

ちょっと乱暴な言葉ですが雑誌やネットで時々見かけます。

確かにもしもの時、が訪れなければ保険は不要です。

でもそれは誰にも分かりません。

大切なのは貯蓄と保険の組み合わせです。

貯蓄と保険のメリットを生かし、もしもの時のリスクを抑え、将来のために備えましょう。

(出典)

知るぽると‐8.損失に備える‐Ⅱお金の知恵

コメント

タイトルとURLをコピーしました