国民年金保険料をお得に納めよう!前納割引制度と割引額を解説します。

どうなってるの?お金の疑問

皆さんは国民年金の保険料をどのように納めていますか?

厚生年金に加入している会社員ですと給料から天引きされますが、自営業者やフリーランスの方、学生の方など国民年金第1号被保険者は自ら納めなければなりません。

もしお得な納付方法があるとしたら・・・ぜひ使いたいですね。

今回は国民年金保険料のお得な納付方法と割引額を解説します。

国民年金の保険料

国民年金第1号被保険者(及び任意加入被保険者)の1ヶ月あたりの保険料は「16,610円」です。(令和3年度)

1年間で199,320円、なかなか高額になります。

そこで、少しでもお得に納めるために活用したいのが「国民年金前納割引制度」です。

国民年金前納割引制度

国民年金前納割引制度は大きく分けて3つあります。

国民年金前納割引制度(口座振替・早割)

国民年金前納割引制度を利用するには、ある程度まとまった資金が必要です。

でも「資金に余裕が無い」それでも「お得に納めたい」、そんな時は口座振替の早割をお勧めします。

国民年金保険料の納付期限は翌月末ですが、「早割」で当月末に口座振替すれば月50円(年間600円)お得になります。

口座振替で毎月納付した時と早割にした時の比較図
出典:国民年金機構 国民年金前納割引制度(口座振替 早割)

早割は口座振替のみです。現金で当月末に納付しても割引されません。

口座振替の手続きは、「口座振替申出書」を銀行または年金事務所に提出してください。

国民年金前納割引制度(現金払い・前納)

ある程度資金に余裕があれば前納制度を利用しましょう。

現金払いですと任意の月分から前納できます。今回は6ヵ月・1年・2年前納で割引額を比較します。

納付額割引額毎月納付した場合
6ヵ月前納98,850円810円99,660円
1年前納195,780円3,540円199,320円
2年前納383,810円14,590円398,400円

前納期間が長くなれば割引額も大きくなります。6ヵ月・1年前納の納付書は通常の納付書と一緒に送付されますが、2年前納の場合は事前に年金事務所へ申し込みが必要です。

任意月分の前納金額は「前納金額一覧」をご覧ください。

国民年金前納割引制度(口座振替・前納)

口座振替で前納しますと更にお得になります。

口座振替は6ヵ月・1年・2年前納の3種類です。

納付額割引額毎月納付した場合
6ヵ月前納98,530円1,130円99,660円
1年前納195,140円4,180円199,320円
2年前納382,550円15,850円398,400円

口座振替の手続きは、「口座振替申出書」を銀行または年金事務所に提出してください。

国民年金保険料は無理なく納めよう

手元資金に余裕があれば、国民年金前納割引制度を利用してお得に納めることができます。国民年金保険料は長期間にわたって納付しますので、少しの割引が大きな金額になります。

しかし、資金に余裕があるときばかりではありません。新型感染症の影響で収入が減少した方も多いと思います。そんな時は「国民年金保険料の免除制度・納付猶予制度」を活用してください。

国民年金は老後の生活を支える大切な収入源です。

無理なく納め、老後に備えましょう。

(出典)
日本年金機構 国民年金保険料

コメント

タイトルとURLをコピーしました