投資のリスクを抑える方法は?「卵は一つのカゴに盛るな」

どうなってるの?お金の疑問

投資を始めたいけどリスクが怖い、そう思っている人は多いと思います。

ではどうしたらリスクを抑えられるのでしょう。

その答えは投資の格言にあります。

「卵は一つのカゴに盛るな。」

「卵は一つのカゴに盛るな」

投資の格言です。

欧米で昔から言われている「Don’t put all your eggs in one basket」を日本語訳にしたものです。

あなたの資産を卵で例えます。

卵を一つのカゴに盛ってしまうと、落としてしまったらすべて割れてしまいます。
しかし複数のカゴに卵を盛っておけば、一つのカゴを落としても他のカゴの卵は無事です。

資産を一つの投資対象につぎ込んでしまうと、何らかの理由で値下がりした場合大きな損失を被ります。しかし資産を複数の投資対象に投資すれば損失を抑えることができます。

複数の投資対象、つまり分散投資です。

分散投資を行うことでリスクを抑えることができます。

出典:金融庁 投資の基本

分散投資は資産、地域、時間で行うことができます。

次に分散投資の内容を見ていきます。

資産の分散投資

株や債券、リートなど様々な投資対象がありますが、それぞれが常に同じ値動きをすることはありません。

一般的に株と債券は経済情勢に対して異なった動きをします。

この値動きの違いを利用し、異なる動きをする資産を組み合わせて投資を行うことを資産の分散投資と言います。

資産の分散投資を行うことで、ある資産が値下がりしても他の資産が順調なら損失をカバーすることができます。
お互いの価格の動きが打ち消しあうことにより、安定した資産運用を行うことができます。

地域の分散投資

投資先は日本だけではありません。世界中の国や地域に投資することができます。

投資先の国、地域によって経済情勢や政治情勢は異なり、値動きも異なってきます。

そこで投資先地域の値動きの違いを利用し、異なる状況にある地域を組み合わせて投資を行うことを地域の分散投資といいます。

国内と海外、先進国と新興国のように異なる地域を組み合わせることにより、経済情勢の変化や為替の変動に対応することができます。

時間の分散投資

金融商品は日々価格が変動します。

安い時に勝って高い時に売る、誰もが望むことですがプロでも難しいことです。

そこで一度に多額の投資を行うのではなく、一定額を定期的に投資します。これを時間の分散投資といいます。

一定額を定期的に購入すると、高値の時には少なく、安値の時には多く購入することができ、平均購入単価を低く抑えることができます。
これにより短期的な値動きの損失を抑えることが可能になります。

投資のリスクを抑えよう

投資にはリスクがつきものですが、リスクをしっかり理解すれば抑えることはできます。

リターンばかり目が行ってリスクを疎かにしてはいけません。

大切なあなたの資産です。

リスクを抑えるための分散投資を心掛け、安定した資産運用を目指しましょう。

(出典)

金融庁 投資の基本

コメント

タイトルとURLをコピーしました