胃がん闘病記 2020年7月「仕事復帰へ、会社との話し合い」

胃がん闘病記

2020年7月2日、一年間に及んだ抗がん剤治療が終了しました。

翌週の診察では、

「抗がん剤治療よく頑張りました。今のところがんの再発の兆候はありません。今後は3か月ごとに血液検査、半年ごとにCT検査と胃カメラ検査を行います。3~5年間は検査を継続します。」

はい、頑張りました。でも検査は続いていくんですね、がんは長期戦です。

「仕事復帰してもいいですか?」

「体調次第ですが、大丈夫だと思います。」

よし、仕事復帰するぞ。仕事は飲食業で体力勝負ですが、少しずつでも働いて体を慣らしていきたいです。


その後会社と仕事復帰に向けて話し合いましたが、どうも雲行きが怪しいです・・・。

「抗がん剤治療が終了しました。副作用も収まり体力も回復してきましたので、仕事復帰を考えています。」

「それはよかったです。でも焦ることはないと思います。新型感染症が収まってからでも良いと思いますが。」

「でもそれじゃあいつになるか・・・」

「基礎疾患のある人は重症化しやすいと聞きました。飲食業は不特定多数の人と接するので、感染のリスクは高いと思います。もう少し新型感染症が収まるか、体力がついてから仕事復帰してはどうですか?」

うーん、どうしよう。

この頃のTV報道は「基礎疾患者(がん患者)は重症化しやすい」でした。会社は万が一のことを考え、仕事復帰はもう少し先でと言ってくれました。

でもこの新型感染症、収まる気配がないんです。

待っていたらいつまでたっても仕事復帰できません。

それに生活費のこともあります。
すぐに生活に困る、ということはありませんが、傷病手当金の期限もあり少しずつ働いて収入を得なければ不安です。

どうしたらいいのでしょう。

誰かに相談したいけど・・・そうだ!

病院内の施設を思い出しました。

「がん相談支援センター」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました