胃がん闘病記 2020年7月「仕事復帰に向けて、がん相談支援センターで相談」

胃がん闘病記

仕事復帰のため会社と話し合いましたが、新型感染症の影響もありすぐに仕事復帰とはなりませんでした。

さてどうしましょう。

抗がん剤治療は終了し、担当医からは仕事復帰の許可は出ていますので傷病手当金は貰えなくなる可能性が高いです。
すぐに生活に困るということはありませんが、安定した収入は必要です。

そこで病院内に設置されている「がん相談支援センター」で色々相談することにしました。


まずは私自身の仕事、生活環境を説明し、がん治療の経過を話しました。

その後、相談内容である「仕事復帰に向けて」相談員と話し合いました。

まとめますと、

仕事復帰について
  • 担当医の許可が出ているので、仕事復帰については問題ない。
  • ただ体力的な問題もあるので、最初は短時間勤務で、徐々に時間を伸ばしていくのが望ましい。
  • その他に仕事復帰に対して担当医から注意事項がないか再度確認する必要がある。
新型感染症について
  • 飲食業である以上リスクが無いとは言えないが、これはどの仕事をしていても同じこと。
  • 基礎疾患者が重症化しやすいと報道されているが、エビデンスがある話ではない。(当時)
  • しっかり感染対策をとれば、過度に恐れる必要は無い。
会社との話し合い
  • 担当医に仕事復帰に向けての診断書を書いてもらう。
  • 仕事での注意事項、新型感染症の注意事項を合わせて記載してもらう。
  • 診断書をもとに再度会社と話し合いを行う。
傷病手当金について
  • 7月2日に抗がん剤治療が終了し担当医から仕事復帰の許可が出ているので、今後の傷病手当金は難しい。
  • では治療が終了し病気が完治したかといえばそうではない。
  • 今後は経過観察中になる。

一時間程話し合いましたが、すごく親身になって話を聞いてもらいました。

その中でポイントとなったのは担当医の仕事復帰に向けての診断書です。

会社から見ても診断書があれば一つの判断材料になりますし、私からしても安心して仕事に臨めます。

ただここまで話した内容を再度担当医に伝えるのは難しいなと思っていましたが、

「診断書の件は私(相談員)から担当医に話をします。一週間ほどで診断書ができると思いますので、出来上がりましたら連絡します。」

となりました。

ありがとうございます。

私の担当医はよく話を聞いてくれる方ですが、一般的に診察などで医師と話をする事は何となく難しさを感じます。

治療を受けるからどうしても話は受け身になり、忙しそうだから、変な質問をしたら失礼かなと勝手に壁を作ってしまいます。
診察前に事前準備をしないと話したい事、聞きたい事の半分も聞けなかった、なんて事もあります。

自分自身のことですからどんどん質問して不安や疑問は解消すべきなんですけどね。


相談から1週間後、診断書が出来上がりました。

内容を確認すると

「仕事復帰に向けて担当医の意見」「仕事復帰後の注意点」「新型感染症について担当医の見解」

が記載されていました。

これは分かり易いです。

この診断書をもとに再度会社と話し合いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました