胃がん闘病記 2020年11月「仕事と食事の両立は難しいです」

胃がん闘病記

2020年11月

仕事復帰してから3か月経過しました。

少しずつですが勤務時間も長くなり、勤務回数も週4回に増えました。

当初は仕事復帰後、3か月経過すれば通常勤務に戻れると思っていましたが、思った以上に時間がかかりそうです。

でも大丈夫、少しずつですが良くなっています。焦る必要はありません。

体調と相談しながら、できる範囲で仕事をしていきます。

ただこの頃になると新たな問題も発生しました。

それが「仕事」と「食事」の両立です。

私は胃がんの手術で胃の出口付近から胃を2/3切除しました。そのため気を付けて食事をしないと、すぐに腹痛、下痢の症状が出て動けなくなります。

対処法としては

  • 食事は少量ずつ、複数回に分けて取る。
  • 食事はゆっくりよく噛んで。
  • 消化に良い食べ物を食べる。
  • 食後1時間は安静に。

と、基本的なことですが、しっかり守れば症状は抑えられます。

しかし仕事を始め勤務時間が長くなると、職場で食事をとる必要も出てきました。

私の仕事は飲食業で、食事は「まかない」が出ます。

でも・・・食べられません。

ゆっくり食事して1時間休んで、出来ればいいですけど、そんなに長く休憩は取れません。また「まかない」は肉や油を使った料理が多く、胃腸への負担が大きいです。何より症状が出てしまったら仕事どころではなくなります。

じゃあ食事をしなければ・・・数回ならいいですけど、これから先のことを考えると体力が持ちません。長時間勤務なら食事は取りたいです。

今のところ職場で食べれそうなものは「クッキー」「チョコレート」ぐらいです。

休憩中にポリポリ食べています。

でもこれは、「おやつ」ですよね。

もう少しちゃんと食事が取れるようになりたいです。

来月には診察がありますので、担当医に「仕事と食事の両立」を聞いてみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました