胃がん闘病記 2020年3月「抗がん剤治療9か月経過しました。新型感染症が蔓延しています」

胃がん闘病記

2020年3月、新型感染症が世界的に蔓延してきました。

これからどうなるんだろう・・・毎日不安でいっぱいでした。
一斉休校、スポーツやイベントの中止・延期、世界的株安、毎日ニュースに釘付けです。

そんな中でも抗がん剤治療は順調に進んでいます。

9か月目ともなると副作用にも慣れてきました。
私の場合は抗がん剤服用から1週間後に体調が悪くなります。副作用は腹痛、下痢、発疹、倦怠感、食後に多く出ます。
なので運動はなるべく早朝、胃腸に食べ物が入っていない時間に集中的に行いました。
そして食後一時間は横になって消化に集中です。

担当医に言われましたが、副作用は我慢するものではありません、対処するものです。
我慢していても良くなりません。副作用の症状を記録し、担当医に伝え、適切に対処してもらいます。体調が悪くなったら無理せず休み、副作用が出たら処方された薬を飲みます。

次のステップは社会復帰に向けて生活リズムを取り戻すことです。ということで東京に戻って独り暮らしを再開したいなと思っていますが、世界的に状況は悪化する一方です。

でも4月には診察のために東京の病院に行かなければなりません。

なんとか収まってほしい・・・そう願いましたが最悪の事態になりました。

4月7日、7都府県に緊急事態宣言発令。

さあ東京に行けなくなったぞ。でも診察のために行かなきゃ。

家族と話し合い決めました。

診察のために東京に行きます。でも行ったら万が一のことがあるので、緊急事態宣言が明けるまで東京に滞在します。

そうと決まれば準備です。マスクと消毒液、東京では奪い合いになっているようなので、実家でそろえて持っていきます。幸い近所では購入制限はあるものの売っています。
ティッシュ、トイレットペーパー、手洗い石鹸、米、パスタ、ホットケーキミックス、色んなものが東京では品薄らしいので(ニュースによると)足りないものがあったら実家から送ってもらいます。

4月中旬、覚悟を決めて東京に診察のために戻ってきました。

昼過ぎに東京駅に着きましたが、人がほとんどおらず感染症の恐怖を改めて感じました。

診察のために病院に来ました。
私の通っている病院は感染症の最前線病院なので、厳戒態勢です。
検査、診察自体はスムーズでしたが、院内に緊張感があふれています。

定期健診の結果は、特に問題ありませんでした。
ただ新型感染症には気を付けるように、と言われました。基本的は感染対策は取っていますが、目に見えないものとの戦いは恐怖感との戦いでもあります。


朝5時頃、ウォーキングでドラッグストアの前を通ったら開店待ちの行列ができていました。

必要なものが手に入りません。映画の話でもない、過去の話でもない、現実に起きていることです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました