胃がん闘病記 2020年5月「東京で少しだけ一人暮らし再開です」

胃がん闘病記

2020年5月、緊急事態宣言が延長されました。

診察のため東京に戻ってきましたが、そのまま足止めです。

残念なことが一つ、5月に受験予定だったFP3級試験が中止になりました。
仕方ないですね、勉強時間が増えたと思って9月の試験を目指します。ある程度勉強は進んでいるので、並行してFP2級の勉強も進めます。

さて抗がん剤治療、11か月目ですが相変わらず抗がん剤の副作用は続いています。

腹痛、下痢、倦怠感、発疹が主な症状です。抗がん剤服用後1週間目から症状が出て、休薬まで続きます。どの症状が出るかはその時にならないと分かりませんが、副作用の対処薬をもらっていますのでその都度対処してます。
「我慢せず副作用に対処する」、担当医に言われたことですが、ここまではうまく付き合えていると思います。

それと胃腸がだいぶ安定してきました。

徐々に食事の量が増え、体力も戻ってきました。

このタイミングでの一人暮らし再開(一時的ですが)は、結果的に良かったと思います。

人の少ない朝晩のウォーキングを日課にし、生活リズムを取り戻すことを意識しました。食事はもちろん自炊ですが、胃腸に負担がかからないものを作りました。

久しぶりの一人暮らし、なんだか新鮮です。

抗がん剤治療中で「もしも」の事を考えると不安もありますが、本格的な社会復帰前の良い予行演習です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました