少額短期保険をご存知ですか?メリット・デメリットを確認しお得に活用しよう!!

どうなってるの?お金の疑問

「少額短期保険」

名前だけ聞くと「?」となる方も多いと思います。

しかしその特徴を理解し上手に活用すると少しの掛け金で大きな安心を得ることができます。

今回は「少額短期保険」の特徴とメリット・デメリットを解説し、お得な活用法を考えていきます。

少額短期保険とは

少額短期保険とはどのような保険でしょうか。

その名前の通り

「少額」の保険金で「短期」の保険期間の保険です。

具体的には一人の被保険者につき総額1,000万円までの保険金額となります。

死亡保険300万円以下
医療保険80万円以下
疾病等を原因とする重度障害保険300万円以下
傷害を原因とする特定重度障害保険600万円以下
傷害死亡保険300万円以下
損害保険1,000万円以下

また保険期間は生命保険分野で1年、傷害保険分野で2年までで、以降は更新扱いとなります。

少額短期保険のメリット

では少額短期保険にはどのようなメリットがあるのでしょう

種類が豊富

少額短期保険の一番の特徴と言えるのが、その種類の豊富さです。

  • 生命、医療保険  
  • 損害保険
  • 家具、家財保険
  • ペット保険
  • 旅行保険
  • 賠償責任保険
  • 葬儀保険
  • ゴルフ保険
  • 登山保険
  • がん保険
  • 女性保険
  • スマホ保険

ほんの一例だけ上げてみましたが、日常のリスクやニッチな需要に答えた商品が数多く販売されています。一般的な保険ではカバーできない分野を補償してくれますので、保険内容を確認し必要な保険商品を選択しましょう。

保険料が安い

少額短期保険は保険金や保険期間に制限がありますので、一般的な保険に比べて保険料が安い傾向にあります。

少しの掛け金でもしっかり保証を得ることができますので、ライフプランに合わせて保険を組み合わせることができます。

「短期」なので必要な時に必要な補償を

少額短期保険は保険期間が短いので、必要な時に必要な期間だけ補償を検討するのに最適な保険です。

「旅行のときだけ」
「子供が小さいときだけ」
「賃貸のときだけ」

短期間の備えには少額短期保険が最適です。

少額短期保険のデメリット

次に少額短期保険のデメリットを見ていきます。

保険料は掛け捨て

少額短期保険の保険料は「掛け捨て」です。

解約しても解約返戻金はありませんで、積立や将来の投資としては考えづらいです。

生命保険料控除の対象外

少額短期保険の保険料は、残念ながら生命保険料控除の対象外となります。

少額とはいえ年間の保険料で考えるとそれなりの金額になりますが、間違って年末調整や確定申告しないように気をつけましょう。

メインの保険にはなりづらい

少額短期保険は保険金額に上限があります。

死亡保険で300万円が上限ですので、メインの保険と考えると物足りない金額です。

一般的な保険でしっかり補償を得た上で、少額短期保険で不足分を補うと考えましょ。

少額短期保険は必要な時に必要な分だけ

少額短期保険は保険金や保険期間に上限があるものの、一般的な保険でカバーできない分野や日常のちょっとしたリスクの補償に最適な保険です。

保険商品の種類も多く、時勢に合わせた様々な新商品も誕生しています。

ライフプランに合わせて保険は定期的に見直し、補完的に少額短期保険を検討するのが良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました