胃がん闘病記 2019年8月「がん治療の入院費用、手術費用まとめます」

胃がん闘病記

4月の下旬に胃潰瘍で救急搬送されてからおよそ3か月経過しました。

胃がん告知、入院、手術、退院、抗がん剤治療と怒涛の日々を送りましたが、ここまでの治療費をまとめたいと思います。(端数は切り捨てます)

月別にまとめてみました。

4月
救急病院
入院(健康保険内)
85,000円
救急病院
入院(自己負担分)
26,000円
111,000円

4月28日に救急搬送されて胃潰瘍の手術、そのまま入院。

自己負担分は入院差額ベット代と食費です。救急なので部屋の選択の余地はなく、差額ベット代がかかってしまいました。


5月
救急病院
入院(健康保険内)
50,000円
救急病院
入院(自己負担分)
35,000円
がん病院
診察
48,000円
がん病院
入院(健康保険内)
13,000円
がん病院
入院(自己負担分)
11,000円
157,000円

救急病院は5月4日まで入院。

がん病院での診察は計5回、様々な検査を行ったため思った以上に高額になりました。

がん病院は5月31日に入院。自己負担分は差額ベット代と食費、個室を希望しました。


6月
がん病院
入院(健康保険内)
310,000円(限度額適用認定証を利用)
(93,000円)
がん病院
入院(自己負担分)
148,000円
がん病院
退院後診察
3,000円
461,000円(244,000円)

がんの入院、手術は高額になりますね。限度額適用認定証を事前に準備しておいてよかったです。

がん病院は6月13日まで入院。

自己負担分は差額ベット代と食費です。

大部屋でしたら入院自己負担分はもっと削減できたと思いますが、術後の状態を考えると大部屋はなかなか難しいです。


改めてみると病気はお金がかかりますね。

事前に分かっていれば限度額適用認定証を準備できますが、それでも自己負担分は高額になります。

医療費以外にも病院への交通費、入院準備のため買い揃えた諸費用、入院中のタオルとガウンのレンタル代など色々お金がかかりました。


そして7月からは抗がん剤治療スタート。

抗がん剤の副作用によってかかった治療費は前後しましたが、平均すると

抗がん剤治療費(月)
抗がん剤13,000円
副作用対処薬3,000円
診察4,000円
20,000円

抗がん剤治療は1年続きましたので、負担は大きいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました