胃がん闘病記 2019年7月「抗がん剤治療スタート。副作用は・・・」

胃がん闘病記

抗がん剤治療について色々調べました。

フムフム、、、
ティーエスワンは一般的な治療法なんだ。副作用もそんなにでなさそうだし、服薬しながら仕事をしている人もいるみたいだ。
カペオックスは期間が短いのが利点か。ただまれに末梢神経障害が長引くことがある、ってのが気になるな。

一週間後、抗がん剤治療に関する診察です。

「ティーエスワンでお願いします。」

再度抗がん剤治療の説明を受けました。
副作用に関しても説明を受け、症状が出た際の薬も処方してもらいました。

副作用の頻度や種類、程度は個人差があることも再度説明を受けました。

よし、頑張るぞ!



2019年7月5日、抗がん剤治療スタートです。

何が起きるかわからないので、当分の間は一人暮らしはやめ実家で療養します。
服薬は朝晩食後に2錠ずつ、4週間服薬し2週間休薬、これを1年間続けます。

さて初日・・・何ともない。
2日目・・・何ともない。
3日目、4日目、5日目、お、副作用が出ないぞ!
6日目、うん、これなら1年間乗り越えられる。
7日目、貧血で倒れました。そういえば担当医が言ってたな、手術後は鉄分が不足するって。でもこれは副作用とは関係ないかな。

しかし8日目、ついに来ました。

  • 倦怠感。とにかく体が重い、横になる時間が増えました。
  • 腹痛、下痢。これが一番辛かったです。突然、頻繁に襲ってきます。いつ症状が出るのかわからないので、外出するのが怖くなりました。
  • 口内炎。頻繁にできました。ただ薬を処方してもらったので、せっせと対処しました。
  • 発疹。体中に出ましたが、頭皮の発疹が一番ひどかったです。ぬり薬を処方してもらって対処しました。
  • 食欲不振。食欲がありません。前日まで問題なく食べれても、いきなり体が拒否反応を起こすことがあります。食べるのが怖いです。


8日目以降は休薬まで副作用が出続けました。
朝起きて今日も薬の副作用が出るのかと思うと気が沈み、食事やリハビリをするのも嫌になりました。

それでも4週間の服薬が終わり、2週間の休薬。休薬期間は副作用が収まり一安心です。

しかしこれが1年間続くのか・・・1年間実家暮らしかな。

じゃあ仕事は・・・どうする?

コメント

タイトルとURLをコピーしました