胃がん闘病記 2020年7月「仕事復帰に向けて、再度会社との話し合い」

胃がん闘病記

がん相談支援センター」で仕事復帰に向けて相談をしました。

その中でポイントとなったのは担当医の診断書です。

私も会社も新型感染症が蔓延する中、仕事復帰に対して不安はあります。

担当医からは仕事復帰に向けて問題なしと言われていましたが、改めて診断書として書いてもらい、会社に提出して仕事復帰に向けての判断材料にしてもらうことにしました。


仕事復帰に向けて、再度会社との話し合いです。

まず担当医の診断書を確認してもらいます。

「担当医からは仕事復帰に向けて許可は出ました。ただ体調と相談しながらの勤務となりますので、勤務時間、仕事内容を配慮してもらえればと思います。また新型感染症に関しては感染対策をとれば問題ありません。」

「(診断書の内容確認して)分かりました。それでは来月から仕事復帰してもらいます。ただ決して無理はしないでください。」

「分かりました、ありがとうございます。」

よかった、来月から仕事復帰が決まりました。

この後は具体的な勤務時間、仕事内容の確認です。

最初は1日3時間ほど、飲食業でいう「ランチタイム」から働いていきます。接客は体力的負担が大きいので調理補助から始め、徐々に仕事量を増やしていきます。
だだ決して無理はしないように、少しでも体調がよくなかったら休むようにします。

私の勤めている会社は病気になった時から非常に親身になって相談に乗ってくれました。今回も私の体調を心配しての話し合いでしたので、担当医の診断書は大きな判断材料となりました。

また「がん相談支援センター」での相談は、私にとっても大きな支えになりました。

第三者的な立場から私と会社、担当医の関係を結んでもらい、皆で協力して仕事復帰に向けての「チーム」を作ってもらいました。一人で悩んで相談していなかったら、皆の気持ちがばらばらで上手くまとまらなかったと思います。

一人で悩まない、悩んだらまず相談、多くの人に支えられながらこれからも治療は続いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました