胃がん闘病記 2020年6月「抗がん剤治療1年間、無事終了しました」

胃がん闘病記

2020年6月、緊急事態宣言が解除され、実家に戻ってきました。

さあ抗がん剤治療もあと1か月、ラストスパートです。やることは変わりませんが、気持ちは前向きです。
毎日カレンダーを見てカウントダウン、なんだか顔がにやけちゃいます。

抗がん剤治療が終わったら、やりたい事を書き出してみました。
・旅行に行く
・お酒を飲む
・焼き肉を食べに行く
・浜辺を思いっきりダッシュする(実家が海に近いので)

うーん、どれも胃腸に負担がかかりそうです。抗がん剤治療中は色々自粛していましたので、しっかり運動して体力回復して、少しずつ日常を取り戻します。

そして2020年7月2日 抗がん剤治療最終日を迎えました。

1年間は長かったです。

最初の頃は手術の影響もあり、抗がん剤の副作用は想像以上で日常生活が送れないほどでした。腹痛と倦怠感で起き上がれず、これが一年間続くのかと思うと希望が持てませんでした。
しかし時間の経過は一番の治療薬です。
術後の回復とともに体力も徐々に戻り、副作用にも対処できるようになりました。今では朝晩1時間ずつウォーキングができるぐらいまで回復しました。

抗がん剤治療最終日はあまり体調は良くありませんでしたが、両親と少しだけお酒で乾杯、お祝いです。

両親、兄弟には色々と心配かけました。

がん治療はこれからも続きますが、とりあえず一区切りです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました