「がん」と診断されたら保険に入れない?がん患者のこれからの保険を考えます。

病気とお金の話

私は2019年5月、胃がんと診断されました。

その時考えたのは、

「これで保険に入れなくなる、ローンも組めなくなる。人生設計が狂ってしまった・・・」

でも実際に調べてみますと、必ずしもそうとは言い切れません。

がんと診断されたら保険に入れないのでしょうか?今回はがん患者の保険について考えていきます。

がんは国民病です

日本では、一生のうち2人に1人はがんになるといわれています。

がんは決して珍しい病気ではなく、誰もが罹患する可能性があります。また日本人の死因第一位はがんで、およそ4人に1人はがんで亡くなっています。まさに日本人にとってがんは国民病と言えます。

主な死因の構成割合
悪性新生物(がん)27.6%
心疾患15.0%
老衰9.6%
脳血管疾患7.5%
肺炎5.7%
出典:厚生労働省 令和2年(2020)人口動態統計月報年計(概数)の概況

がん患者の平均入院日数は16日と長期にわたります。その後の治療、リハビリを含めると治療には多額の費用がかかります。

入院日数
胃の悪性新生物19.2日
結腸及び直腸の悪性新生物15.7日
肝及び肝内胆管の悪性新生物16.9日
気管,気管支及び肺の悪性新生物16.3日
乳房の悪性新生物11.5日
(平均)16.1日
出典:厚生労働省 平成29年(2017)患者調査の概況

以上の事からがん保険、医療保険の加入率は年々増加しています。特にがん保険の加入率は60%を超え、がんに対する意識の高さが伺えます。

がん保険・がん特約の加入率(世帯)
平成30年62.8%
平成27年60.7%
平成24年62.3%
平成21年59.5%
平成18年56.4%
出典:公益財団法人 生命保険文化センター 平成30年度 生命保険に関する全国実態調査

条件次第で保険に入れます

一般的にがんと診断されると、以降は保険に入りづらくなります。ただし条件次第では保険に入ることができます。

引受基準緩和型保険

引受基準緩和型保険とは、持病や入院歴がある人でも入りやすい保険のことを言います。健康告知もシンプルで、3~5つの項目をクリアすると保険に入れます。

健康告知項目は保険会社によって異なりますが、主な告知項目は以下の通りです。

  • 最近3カ月以内に、医師に入院・手術・先進医療をすすめられたことがある。
  • 過去2年以内に、入院したこと、または手術を受けたことがある。
  • 過去5年以内に、がんや肝硬変・統合失調症・認知症で、医師の診察(検査・治療・投薬を含む)を受けたことがある。

がん治療中、治療後一定期間は入ることはできませんが、所定の期間が過ぎれば保険に入ることができます。

ただし、いくつか注意点があります。

  • 一般の保険と比べると保険料は割高になる。
  • 保険会社によっては、加入後一定期間は給付金が減額される(一定期間後は満額支給)

保険料と補償内容のバランスをよく考える必要があります。

無選択型保険

無選択型保険とは、健康状態に関する告知や医師の診察が不要な保険です。病歴や年齢制限で保険に入れなかった方を対象としています。

がん患者でも入ることができますが、いくつか注意点があります。

  • 引受基準緩和型保険よりも保険料は割高になる。
  • 免責事項が多く、保険対象とならない病気もある。
  • 免責期間があり、契約後一定期間は保障されない。

誰でも入れるメリットはありますが、デメリットも大きいです。

保険料が高く、保険会社によって免責事項、免責期間が変わりますので、保険内容をよく確認する必要があります。

特化型保険

がんは国民病と言われ、患者数は年々増大しています。再発の不安、将来への不安、そんな声を受けて「がんの人しか入れない保険」が近年登場しています。

一般の人は入れない、まさにがん患者特化型の保険です。

加入条件、補償内容は保険会社によって違いがありますが、がんになったから保険には入れない、という事は無くなりつつあるのかもしれません。

がんになっても「人生これから!」

がんに罹患する人は年々増加していますが、がん=死 ではありません。生存率も年々上昇し、がんとの闘いは長期戦になります。

がんと診断される前に保険を検討するのが理想ですが、万が一、私のようにがんと診断されても入れる保険はあります。
また、保険以外にも貯蓄・投資で将来に備えることもできます。

がんになっても何一つ諦める必要はありません。

がんになっても「人生これから!」

保険や貯蓄・投資を上手に活用し、あなただけのライフプランを実現させましょう。

(出典)
厚生労働省 令和2年(2020)人口動態統計月報年計(概数)の概況
厚生労働省 平成29年(2017)患者調査の概況
公益財団法人 生命保険文化センター 平成30年度 生命保険に関する全国実態調査


コメント

タイトルとURLをコピーしました